抵当権と根抵当権は名前が似ているだけだろうか

企業に便利な不動産活用法〜根抵当権〜

企業に便利な不動産活用法〜根抵当権〜

不動産を購入する場合において、その不動産といっしょになって付いてくることも珍しくないものがあります。それが抵当権と、根抵当権です。この抵当権と根抵当権、見た目では字が一文字ついているかついていないかの違いですが、名前が違うだけあってそれぞれの内容に違いがあります、では実際に、どのように異なっているのでしょうか。


抵当権にはあって根抵当権にはあるもの、それぞれに関係する権利や請求内容があります。根抵当権は抵当権と名前が似ているだけではなく、抵当権と比較するとさまざまな点が共通しています。根抵当権の設定契約で決める事項など、根抵当権だからこそ必要なこともありますが、それでも似通った部分はいくつもあります。根抵当権は内容を変更することもでき、そのための方法や条件もあります。また、根抵当権をすべて譲渡する方法や、一部のみを譲渡する、分割して別の人と根抵当権を分けるということも可能です。また、根抵当権は相続や合併にも関係しており、元本確定をすると根抵当権は抵当権になるといった興味深いことも起こります。


代価弁済や消滅請求、減額請求も根抵当権には関わっており、根抵当権には共同根抵当権や累積根抵当権といったそれぞれ名称の異なる抵当権もあるなど、根抵当権を理解するためには一つ一つ認識していく必要があるでしょう。


企業に便利な不動産活用法〜根抵当権〜

複雑な根抵当権を理解する

根抵当権は、不当低の債権に対して限定して担保をするもの

根抵当権のさまざまな事項

根抵当権にはさまざまな事情があり、根抵当権はその場合に応じてそれぞれ扱いを受ける

企業に便利な不動産活用法〜根抵当権〜複雑な根抵当権を理解する根抵当権のさまざまな事項サイトマップ